アクセスカウンタ

プロフィール

ブログ名
山菜名人ブログ
ブログ紹介
山菜・山・地元・自分に関するさまざまな事を書いていきます。
zoom RSS

今年も「春」はやってくる!

2012/02/09 12:00
ご無沙汰しておりました。


昨年は大震災、津波、原発事故と大変な年でした。


「山菜名人」も続けられるのか、何度も問いかけ、迷いの中で過ごしていた気がします。

その度、お客様のメール、お手紙、お電話等、何度も励まされ、

今年も頑張ろうと思う事ができました。

本当にありがとうございました。



これからも、放射能による問題は続き、

「福島県産」の信頼回復には、時間がかかるでしょう。


「山菜名人」に出来ること、お客様が不安にならないよう、

万全な検査、安心・安全である物、につきます。


全品目に関しまして、放射性物質検査をいたし、

安全な物をお届けします。


今年もいろいろな困難があるかもしれませんが、

負けずに頑張って参りますので、よろしくお願い致します。





記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


国有林野保護監視員!

2010/02/24 15:57
今年から3年間、

「国有林野保護監視員」に委嘱されました。

先日、2月21日(日)保護監視業務についての意見交換等が開かれ、
会議に参加してきました。

画像



今年から、マナーの悪い入山者が減るよう巡回したいと思います。

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


今年の山菜ご予約開始は2月1日より!

2010/01/30 10:58
今年も暖冬傾向?


12月、1月上旬と雪が続き、

今年は平年より寒いように思っていたのもつかの間、

最近は、雪もあまり降らず暖冬傾向のようです。


このような天候が続くと、「ふきのとう」が顔を出すのも時間の問題かな?

ということで、

いつもの年より、若干早く2月1日よりご予約を開始します。



今年もよろしくお願いいたします。


記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


今年の『根雪』は完ぺきです!

2009/12/22 14:31
大夫ご無沙汰しておりました。


寒い日が一週間続き、雪もたくさん降りました。

ここ2〜3年、12月に降るいわゆる「根雪」が少なく毎年心配してましたが、
今年は、安心して年が越せそうです。

来年の豊作を祈って。




今年も多くのお客様から、ご注文をいただき本当にありがとうございました。

来年もどうかよろしくお願い致します。

『山菜名人』 スタッフ一同


記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


今年の『山菜』の採取状況!!

2009/05/24 21:19
久しぶりの更新です。


今年は、木になる山菜、
「たらの芽」や「こしあぶら」は、昨年に比べ3〜5日早い採取となりました。

ただ、地になる山菜、
「こごみ」、「あいこ」、「しどけ」、「やまうど」、「うるい」等、
昨年より、2〜3日遅れての採取が続きました。


春先、気温が大夫高かったので全体に早いのではと思っておりましたが、
地熱は、そうは高くならず3月下旬の雪のため、少し遅れたようです。


いよいよ採取が本格化する『地竹(ねまがり竹)』も地になる山菜です。
こちらもそのようです。

地竹(ねまがり竹)』は、当店人気No.1。
リピーター率もNo.1の山菜です。

ご賞味いただければ、その秘密が必ずわかるはずです。


今年も終盤をむかえましたが、張り切って採取いたします!!







記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


最近の山菜の状況!!

2009/05/04 20:23
久しぶりの更新となりました。


現在、「山菜セット」、
    「こごみ」、
    「たらの芽」、
    「あいこ」、
    「しどけ」、
    「やまうど」、の発送中です。


「たらの芽」の採取が、先日の霜で大幅に遅れており、
ご予約のお客様にご迷惑をお掛けしております。

これから、「こしあぶら」、
      「うるい」も始まりそうです。


ここ福島市土湯温泉町は、観光地ですので、
この連休は、毎日たくさんのお客様で賑わっております。


記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1


「天然山菜」の近況報告!

2009/03/26 15:57
こちらは昨日、今日と雪が降ったり止んだりと冬に逆戻りです。

今、採取中の「ふきのとう」、「かんぞう」とも雪の影響で採取できません。


一昨日まで順調に発送していましたが、
2〜3日様子を見なくてはなりません。

毎年、3月末か4月始めに最後の雪が降りますが、
今回ので最後になってほしいものです。


「せり」、「葉わさび」は、もうそろそろかなぁーと、
思っていますが、少しだけ伸びそうです。


「かたくり」も早いところでは、数本出てきました。
昨年よりは、早そうです。


自然の物だけに、思ったようにはいかないようです。

画像


記事へナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


今年は釣りに行くぞぉー!!

2009/03/06 11:59
一昨日未明に降った雪で、
昨日、天気がよかったのに「ふきのとう」採りになりませんでした。

今日も朝からみぞれのち雨で山にはいけません。

暖かくなるのが待ち遠しいです。


それと、私の一番の趣味「渓流釣り」が待ち遠しいですね。

毎年恒例の「ワカサギ釣り」が今年は、
暖冬の影響もありいけませんでした。

ならば4月1日解禁の「渓流釣り」が楽しみでなりません。

近年忙しく、尺越えの大物を釣り上げていないため、

今年はゼッタイ釣り上げるぞぉー。

岩魚、山女待ってろよぉー。



釣りに行くと必ずのようにいろいろな「山菜」を見つけます。

時には、群生地まで発見できるので、

釣りにならなくなってしまうのが、現実です。



記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


幻の「地竹」 今年は採れるかな?

2009/02/27 11:55
5月下旬から約1ヶ月続く「地竹(ねまがり竹)」採り。

その中に、年に数キロしか採れない幻の「地竹」があるんです。

太さも直径3cm〜4cmもあり、黄色い色が特徴です。

なぜ、幻かというと、

その場所は、5月末に一通り地竹が発生し、採取します。
(2日くらい空け、また採取します。)

普通、2度か3度採取すればその場所は終了なのですが、
2週間〜3週間空いてから、最後に太い物が出るのです。

食べても最高で、みずみずしく甘みがあるのです。


採る場所全部がそうなのではありません。

条件がよくないとダメなのです。

積雪量が多い年。

勾配があるところはでません。
(雪が消えるのが早いためです。)

平らな場所で、
親竹も太く(3cmくらい)、高さも2m〜3mくらいあるところで、
周りにブナの木があるところです。


年々温暖化がすすみ、積雪が少なくなり発生が減ってきています。

今年は、山に十分積雪があったのですが、
1月下旬から暖冬傾向で心配です。


写真がないので、採れたら
今年こそ撮影してアップしたいと思います。


記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


春の足音が聴こえてきた?!

2009/02/20 14:34
今年は春の訪れが早いのでしょうか。

大雪注意報が出ているのに、雨へと変わってしまいました。

それでも、今朝土湯温泉町は10cmくらい雪が積もりました。
山は、30〜40cm積もったことでしょう。

最近、2週間以上雪らしい雪が降ってなかったので、
山にとっては恵みの雪となりました。

これから夜にかけて、嵐がくるとのこと。
山の老木が倒れないように・・・

画像

自宅にひいている温泉で雪を消しています。

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


一年ぶりの「ふきのとう」!!

2009/02/15 18:54
「ふきのとう」が顔をみせはじめました。

画像


昨年より、大夫早いですねぇ〜。

でも、気温が8℃〜10℃を超えないと、開き始めないですよね。

画像



記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


「福寿草」暖かい陽射しに誘われて!

2009/02/09 11:50
私の住む土湯温泉では、
3月下旬ごろにならないと「福寿草」は、咲きません。

昨日、伊達郡川俣町へ出掛けましたところ、
陽射しに誘われ、咲き始めていました。

春が近づいているんだなぁ〜

画像


毎年、この花から元気をもらいます。

画像


記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0


美味しい「たらの芽」をお客様へ。の思い。

2009/02/05 23:27
以前、よそのブログを拝見した時に、

山菜採取で一番苦労する山菜は、「たらの芽」採りだと言う記事を拝見しました。


そうなんです。

私も、「たらの芽」採りが一番大変なのです。

競争率が激しく、その姿から誰でも「タラノ木」だとわかるからでしょう。

いろいろな山へ出掛けますと、毎年のように群生地を見つけますが、
そのほとんどが、激戦区へと変わります。

そんなところの「たらの芽」は、つぼみからやっと頭が出たくらいで採られてしまいます。

(本音は、少しだけでも採れるのを期待しているのですが


何が、大変なのかといいますと、
他の人が誰もいかない場所は、すごく荒れている場所での採取だからです。
(移動が大変で、量を採るのに時間がかかります。)

夢中になって採取している時はいいのですが、
必ずと言っていいほど、気付いた時にはどこかが出血しています


そんな「天然たらの芽」ですが、

太い「たらの木」にいい「たらの芽」が出るのは当たり前ですが、
それを毎年採れたらいいなぁ〜と

自己流で考え、いろいろ試し研究してみました。
すると、ある事に築いたのです。

よくある、あれです。ストレスを与えてみたのです。
簡単なことなのですが……。

大成功しました。

毎年、山奥で若々しい「たらの芽」が出るではありませんか?
しかも、老木になることはありませんし、新芽まで生えてきます。

企業秘密のため、お教えできませんが、
日当たりを確保し、ストレスを与える事です。

山菜採りが大好きな方なら、もうお分かりですね!



本日より、2009年「天然山菜」のご予約を開始いたしました。
開始日早々、十数件ものご予約をいただきまして感激しております。

本当にありがとうございます。





記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


山菜は休眠! 自分は春に備え体重増量中!

2009/02/03 21:40
積雪がたくさんある所の山菜は、なぜ立派で美味しいのか?

それは、雪と土の間は寒風も受けず、気温も一定で、
息をしている「山菜」にとっては、

休眠するのに、最適な暖かい空間だからです。


自分は、春を前に毎年しておきたい大事なことがあります。

それは、「体重増加」をしておくことです。


「ねまがり竹」を本格的に採るようになって10年くらいになりますが、
それが毎年の大事なことになります。


「ねまがり竹」採取が始まると、ほとんど毎日約1ヶ月山へ入ります。
(山菜販売を始めた、ここ3年は4月より、ほとんど毎日です。)

「ねまがり竹」を一日平均50kg、多い時は60kg、
もっと採る時は2往復、約1時間背負って山を歩きます。

力を使うので、かなり食べるのですが、
毎年、体重が5kgくらいこの時期に減ってしまいます。


今のうちに貯金をしておかないと



今年も頑張るぞ〜エィ エィ オー




記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0


本当の「山菜名人」!

2009/01/28 21:20
3年前、2006年より、
天然山菜販売、「山菜名人」を立ち上げました。

「山菜名人」と言うお店の名前は、
私の父を見(私もいずれそうなりたいと)考えた名前でした。


私の父の友人(昔の仕事仲間)79歳がいます。

今も現役で、春になると私たち以上に毎日のように山へと行くのです。

私も40歳を超え、山歩きにはかなり自信がでてきたのですが、
その父の友人は、私達以上に奥山へ一人で行き、とても達者なのです。

(昨年は、背中に熊が乗ってきたと笑っていました

何十年もの「山菜」採りより経た経験から、標高、地形、陽の向き、土壌などから
よい山菜を見つけ、

また、その自然の中で増えるよう少しだけ手を加える。

誰にも多くを語らず、自慢もせず本当に美味しい「山菜」が自然と分かるのです。

父も脱帽の真の「山菜名人」なのです。

私も将来、こんな人になれたらと思います。


この「web」販売を考えた時、

「自分の足で山へ行き、自分の目で見、自分で採取し、自分でも食べてみる」
を実践していこうと思いました。

「山菜名人」になれるには、後何十年かかるのでしょうか?
少しずつ、進んで行こうと思います
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


「天然山菜」の魅力!と販売の魅力!

2009/01/25 20:24
お客様の美味しかったよ!
の声が聞けたときの喜びが一番です。

それと「天然山菜」は、そのほとんどが多年草だからです。

その年苦労して採った山菜でも、一年後にはまたその姿を見せてくれます。
その苦労など一年も経てば、ワクワクへと変わるからです。

もの心がついてから30数年、毎年山菜を目にし、
食してきたからこそ「天然山菜」が大好きになりました。


これからは、山菜の生態をもっともっと勉強したいと考え、
今からとても楽しみです
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


大寒を過ぎた土湯温泉町、自宅裏山の風景

2009/01/23 20:32
現在の土湯温泉町、自宅裏山の聖徳太子堂に向う階段の風景です。

画像



積雪は、平年並と思うのですが
今日はお昼過ぎまで雨が降っていました。

大寒の頃に雨が降るなど、昔は考えられないことです。


山菜に影響がないのかなぁ〜と、
近年、同じ悩みをかかえ眠りにつきます。


大豊作を願って
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1


月別リンク

山菜名人ブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる